読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽の歴史

音楽の歴史をわかりやすく、たのしく。 オペラ、ロック、クラシックなどジャンルを問わずに。

現代音楽曲者図鑑 part 2: アレクサンドル・スクリャービン

現代音楽曲者図鑑 現代音楽 歴史 ロシア

f:id:RiriNini:20170224070558j:plain

「****と天才は紙一重」と言いますがスクリャービンよりこの言葉がふさわしい音楽家はいるでしょうか...

3歳からピアノを弾き始め12歳で様々なピアノコンクールで優秀な成績。

モスクワ音楽院を卒業するとき (20歳) ではベートーヴェンのピアノソナタ全てを弾きこなしていたそうです。

まぎれもない天才です。

しかし作曲科の単位は落としています。なぜでしょう?

彼もまたエリック・サティと同じように時代を超越していたからです。

しかしスクリャービンの場合は度を越しています。

私たちはまだ彼に追いつくどころか足元にも及びません。

そんなスクリャービンについて...

続きを読む

現代音楽曲者図鑑 part 1: エリック・サティ

歴史 現代音楽 フランス エリック・サティ 現代音楽曲者図鑑

芸術家や音楽家には奇人・変人が多いですが彼を超えるのは難しいでしょう。

2017年 ver. で言うと

空前絶後のぉ!

超絶怒涛の変人音楽家!!

クレイジーを愛し クレイジーに愛された男!

無調! 適当!  嫌がらせ!

全てのクレイジーの生みの親!!

そう 彼こそはぁぁぁ!!

エリィィィィィィック・サティ!

f:id:RiriNini:20170209070813j:plain

 

「イエェェェ〜イ!」

 

彼についての記事です。

続きを読む

ロックはもう死んじまったんだ : 1957~

ロック 歴史

こちらを読んでから...

 


1957年から1959年にかけて起きた音楽業界を揺らした出来事を紹介していきます。

半世紀以上前に起きた話ですが未だにリスナー、ミュージシャンを苦しめてると私は思います。記事を読んで何か感じたらコメントしていただけると嬉しいです! 

続きを読む

1959/02/03 - 音楽が死んだ日

歴史 ロック

f:id:RiriNini:20170127085200j:plain

事故現場のモニュメント

アメリカン・パイという曲をご存知だろうか?

同名の映画があるがそっちはちょっとエッチな青春ラブコメなので無視してほしい。

1971年にドン・マクリーンによって作曲されたもので2000年にはマドンナによってカバーされている。

知らない人は聞いてみてください。日本語訳もついています。


American Pie : Don McLean with Lirics (English & Japanese)

どうだろか?多分ほとんどの人が「8分35秒も聞いてらんねぇよ」と思っているだろう。それでいいのです。

0:27 ~ 1:01 の歌詞が重要です。

But February made me shiver with every paper I'd deliver

でもあの年の2月、配達していた新聞を読んで僕は震えるほどびっくりしてしまったのだ

Bad news on the doorstep I couldn't take one more step

出入り口のステップで読んでしまった悪いニュース 次の一歩が踏み出せないままだった 

I can't remember if I cried when I read about his widowed bride

未亡人となってしまった女性の記事を読んだとき 自分が泣いたかどうかは、覚えてない

But something touched me deep inside

でも何かが僕の心の奥深くに触れた 

the day the music died

あの日、音楽が死んだ日

 

この曲は1959年2月3日に起きたアメリカで起きた飛行機事故のことを歌っています。

飛行機には3人のロックミュージシャンバディ・ホリーリッチー・ヴァレンスビッグ・ボッパーが乗っていました。

飛行機は墜落し、この3人の他にパイロットのロジャー・ピーターソンの乗員4人が全員が亡くなりました。

そんな記事です... 

続きを読む

生首にキス → 王「死刑!」: オペラのすすめ

R. ストラウス 歴史 現代音楽 オペラ ドイツ 表現主義 サロメ

図書館にDVDがあったので (お金がないので)リヒャルト・シュトラウスのオペラ「サロメ」を鑑賞しました。 

f:id:RiriNini:20170123083015j:plain

サロメ/シュトゥック「サロメ」

簡潔にストーリー解説:

義理パパ王様エロドに踊れと言われた美少女サロメお母さん「踊っちゃだめよ」と言われていたので「ヤダ!」サロメ。しかし王様エロドここで引かない。「欲しいものを何でもあげる!」とさすが王様。美少女サロメは一目惚れの相手「洗礼者聖ヨハネの生首をくれ!」と。王様は「いいよ」と。

そしてオペラ界でも有名な「7つのヴェールの踊り」を踊るサロメエロ美しいです。

踊りの後、洗礼者ヨハネの生首を受け取り幸せなサロメ

「生きてる時は無理だったけど死んだあなたなら私の好きにできる!」

生首にキスをするサロメ。それを見た王様は「サロメを殺せー!イカれてやがるぜ!」と。

サロメ死刑!オペラ終了!

 

言うまでもなく素晴らしいです。

文学界の巨匠オスカー・ワイルドを原作に R. ストラウスの*表現主義音楽 と混ぜた傑作です。

*表現主義: 怒りや犯罪など負の思いを音楽理論を無視して感情的に表現したもの

 

しかしオペラは広まらない。一般教育を受けて社会に出るまでの過程でオペラに触れ合う機会なんてほとんどないですよね。なぜだろう...

オペラは舞台芸術の最高峰です。そしてで見なければ意味がないと思います。舞台芸術は元から録画や録音されるために作られていません。人 (観客) と人 (役者) との交流があり初めて成立します。

少し考えてみました。

続きを読む

初期ロックのスタイル!

ロック 歴史 形式

「ブログが伸びないのはロックじゃないから。」

やはり私もこの流行りに乗ってポピュラーな音楽を書き始めるべきだと思いました。本当はクラシックばかり書きたい。

この記事では初期ロックのスタイルを代表的な音楽と一緒に紹介していこうと思います。

 

続きを読む

「くるみ割り人形」見てきました!

ロマン チャイコフスキー ロシア バレエ フランス ドイツ 歴史

 

f:id:RiriNini:20170118064109j:plain

モントリオールで行われていた「くるみ割り人形」を見てきました。

あまりにも美しく始まりから終わりまでずっと目がウルウルでした!

観客のウルウルだけでステージが照らせるほどです!

第1章で少女クララがくるみ割り人形をドロッセルマイアーに取り上げられてしまうシーンでは大切な物を奪われる悲しさを感じ、人形が王子様に変わるシーンでは少女が恋に落ちる瞬間が見れます。

こんなに美しく瞬間的に「恋」の瞬間が見れるのは「くるみ割り人形」だけかもしれません!

続きを読む